ヴォクシー・セレナ・ステップワゴン比較!子どもと快適に過ごせるのは?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

ヴォクシーを購入しようか迷ったときに、多くの人が比較する車種があります。

それが、セレナ(日産)とステップワゴン(ホンダ)です。

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンは、ミニバンの中でも超人気の3車種ですからね。

特に、ミニバンは、お子さんと一緒に乗るイメージが強いですよね。

お子さんと一緒に乗るならどのミニバンがいいのでしょうか。

その点を踏まえて、ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンを比較してみました。


<スポンサードリンク>

快適性の比較

ミニバンに乗っているときの快適性も重要なポイントの1つではないでしょうか。

3種類の特徴をまとめました。

ヴォクシーの快適な機能

シートアレンジは、ミニバンを使っている人も特権ですよね。

条件に合わせていろんな状態を作れるので、便利です。

更に、ヴォクシーは、空調でも便利なポイントがあるんです。

ヴォクシーエアコン比較

 

https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/?padid=ag341_from_voxy_in_comfort06

エアコンの温度を個別に調整することができるんです。

運転席や助手席、2列目以降のシートに座っている人によって調整することができます。

子どもがあまり冷えすぎないようにしたいときにも便利です。

運転席からは、ナノイーがでます!!

奥様が運転される場合は、肌や髪にやさしいナノイーを浴びながら運転できるんです。

セレナの快適な機能

セレナシートアレンジ比較

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナもシートアレンジが豊富です。状況に応じたアレンジができるので、子どもと一緒にお出かけするときには、便利です。

セレナ快適機能比較

セレナの快適機能を、もう1つご紹介します。

それは、給油口です。

この給油口には、キャップがついていないんです。

キャップに触らずに給油ができるので、手が汚れてしまう心配がないんです。

手が汚れたくないと思っている女性の方にもうれしい機能ですよね。

しかも、日産車で初の機能ということです。

今後増えていくかも知れませんね。

ステップワゴンの快適な機能

ステップワゴンシート比較

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/utility/

ステップワゴンも状況に応じたシートアレンジが可能です。

ヴォクシーやセレナと同様で、シートを自由に調整できる点は、うれしいですよね。

ステップワゴン便利機能比較3

もう1つの快適に過ごすための機能が、エアコンの調整機能です。

ヴォクシーでもご紹介しましたが、座っている場所に合わせた温度調整ができるんです。


<スポンサードリンク>

便利機能の比較

ヴォクシーの便利機能

ヴォクシーの便利機能は、「パワースライドドア予約ロック機能」です。

予約をしておけば、スライドドアが閉まり切った段階で、自動でロックしてくれます。

これがあれば、スライドドアが閉まるのを待たなくも大丈夫なんです。

車から降りたらすぐに、目的地に向かうことができます。

セレナの便利機能

セレナ便利機能比較

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナの機能でおすすめなのは、このハンズフリーオートスライドドアです。

スライドドアの下に足を入れて引くだけで、スライドドアが自動で空くんです。

これは、便利ですよね。

寝ている子どもを抱っこしているときに、足でドアを開けることができるんですからね。

買い物をして、荷物で両手がふさがっているときにも役立つ機能です。

ステップワゴンの便利機能

引用 https://www.honda.co.jp/ACCESS/stepwgn/security_support/handsfreeslidedoor/

ステップワゴンにも、ハンズフリースライドドア機能が付いています。

セレナについていたハンズフリーオートスライドドアと同等の機能ですね。

これがあれば、本当に便利です。


<スポンサードリンク>

ラゲッジスペース比較

ヴォクシーのラゲッジスペース

ヴォクシー収納比較

引用 https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/?padid=ag341_from_voxy_in_comfort06

3列シートをそのままの状態でも、収納スペースは確保できます。

更に、シートをアレンジすれば、広いラゲッジスペースを確保することができるんです。

セレナのラゲッジスペース

セレナ収納比較普通

セレナのラゲッジスペースも十分な広さがあります。

更に、3列目シートを倒したら、かなり広いスペースを確保することができますね。

セレナ収納比較

引用 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

ステップワゴンのラゲッジスペース

ステップワゴンラゲッジ比較2

引用 https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

ステップワゴンのラゲッジスペースは、3列目まで使っている状態だと少し物足りなさを感じます。

3列目シートがギリギリまでスペースを使っているので、実質的には、3列目シートの下に荷物を置くイメージになるからです。

ステップワゴンラゲッジ比較アレンジ

 

引用 https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/utility/

しかし、3列目を使わなければ、十分なスペースを確保することができます。

収納スペース比較

車で出かけるときに、収納スペースがたくさんあれば、便利ですよね。

お子さんがいれば、おもちゃと一緒に車に乗ることも多いです。

車種ごとに収納スペースを比較してみたいと思います。

ヴォクシーの収納スペース

ヴォクシーの収納スペース

https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/?padid=ag341_from_voxy_in_comfort06

ヴォクシーの収納スペースの特徴は、数が多いことです。

①~⑯まで、数字が書いてある場所が、収納スペースになっています。

セレナの収納スペース

セレナ収納スペース比較

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナにも収納スペースがたくさん用意してあります。

①~⑱まで、数字が書いてある場所が収納スペースなんです。

ステップワゴンの収納スペース

ステップワゴン収納比較

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/utility/

ステップワゴンの収納スペースも豊富です。

写真では、全て表示されていませんが、20か所程度収納スペースがあります。

安全機能比較

ヴォクシーの安全機能

ヴォクシーは、セーフティサポートカーなので、様々な安全機能があります。

追突防止の機能はもちろんですが、ハイビームとロービームの自動切換え機能までついています。

手動で切り替えるのって、結構手間ですよね。

自働なら、暗い道路を走るときでもわずらわしさを解消できます。

セレナの安全機能

セレナ安全機能比較

セレナにも「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を始め安全機能が豊富です。

ヴォクシーと同様に、追突防止の機能や、車線をはみ出しそうになったときにアラームで知らせてくれる機能がついています。

オプションで、踏み間違い追突防止アシストを選ぶことができます。

これは、アクセルとブレーキの踏み間違いによっておこる事故を避けるための機能です。

うっかり踏み間違えてぶつかってしまう人も多いので、あれば便利な機能ですよね。

ステップワゴンの安全機能

ステップワゴン安全性比較

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/performance/active-safety/

ステップワゴンもホンダが誇る「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載しています。

ヴォクシーやセレナと同様に、安全面でも機能が充実しています。

比較結果

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンについて比較した項目について一覧表にまとめてみました。

ヴォクシー比較一覧表

ヴォクシーとセレナが、○が4つ、ステップワゴンが○3つという結果になりました。

△にした項目も○と比較しても遜色ないのですが、比較するために△にしています。

ヴォクシー・セレナ・ステップワゴンの比較まとめ

ヴォクシー(トヨタ)、セレナ(日産)、ステップワゴン(ホンダ)を比較しました。

比較結果を見ても、3車種ともお子さんと一緒にのるには、おすすめできる車種ではないでしょうか。

3車種ともミニバンで人気があるのが、納得できますね。

 

新型ヴォクシーを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「ヴォクシーは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら