ヴォクシーハイブリッドは新古車がねらい目!おすすめのポイントとは?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

ヴォクシーを新車で購入するときに、「新古車」も選択肢にいれると、お得かも知れません!

新古車という言葉を聞いたことがあっても、詳しく知っている人は少ないでしょう。

新古車なら、予算的に、ハイブリッドをあきらめていた人も手が届く可能性があるんです。

今回は、新古車についてまとめました。

ガソリン車を検討していた方が、うまくいけば、ヴォクシーハイブリッドを選ぶことができるかもしれません。


<スポンサードリンク>

新古車とは

引用:https://toyota.jp/voxy/

ナンバーを登録して、すぐに手放されてしまった車両のことです。

正式には未使用車と呼ばれる車なんですが、一般には、「新古車」と呼ばれています。

新古車はごくわずか?

なぜ、新古車が存在するんでしょうか。

ナンバーを登録して乗らなくなる車なんて、少ないはずですよね。

しかし、意外と新古車は多いんです。

それには、いくつか理由があります。


<スポンサードリンク>

新古車が生まれる理由

キャンセル

新古車の理由の1つは、キャンセルです。

契約をして納車されたのに、キャンセルされてしまった車があります。

一般的には、ナンバー登録されて乗らないのは、このケースですよね。

販売店の在庫

販売店の事情も新古車が生まれる理由なんです。

販売店の事情とは、販売台数ノルマです。

販売店は、ノルマを達成すれば、メーカーより報奨金がもらえます。

いわゆるノルマ達成ボーナスですね。

しかし、ノルマの台数は、簡単に達成できるようには設定されていません。

販売が伸び悩んで、ノルマが、未達になる場合が多いようです。

ヴォクシー新古車

例えば、月100台のノルマが設定されているとします。

何とか、95台は販売できても、あと5台が売れないこともあります。

そこで、販売店は5台をナンバーを取得させてでも、ノルマを達成するときもあるんです。

そこで、生まれるのが、新古車です。


<スポンサードリンク>

新古車の特徴

新型ボクシー車内泊ポイント

基本的には、ディーラーなどの販売店のスペース内を移動しているだけです。

走行距離0kmという車は少ないですが、ほとんどは50km未満の車となります。

試乗車は新古車扱いなの?

ディーラーにある車は、新車以外には、試乗車がありますよね。

試乗で使うだけなので、走行距離は多くありません。

この試乗車も、新古車として販売されているんでしょうか。

実は、試乗車は、新古車ではないんです。

試乗車は、実際に公道を乗られていますし、走行距離も50㎞以上走っていることも多々あります。

新古車ではなく、中古車として販売されることになるんです。

新古車を購入するメリット

価格が安い

これは、大きなメリットですよね。

新古車というだけで、新車よりも安く購入できるんです。

しかも、新車よりも20万も安く購入できてしまうケースもあるんです。

価格交渉

新車の場合は、値引き交渉で数回ディラーなどの販売店へ行き、価格交渉しなければなりません。

しかし、新古車の場合は、新車ほど価格交渉をしなくてもいいんです。

元々、安い価格からスタートする上に、ディーラーとしても売りたい気持ちがあるので、値引きしてもらいやすいんです。

価格交渉の手間が少なく、しかも、安い。

これは、魅力的ですよね。

納車が早い

新車は注文し、工場で生産し工場から搬出、など様々な工程を経てやってきますので、納車まで時間がかかります。

その点、新古車は、すでに車両があります。

納車まで、何か月もまつ必要がないんです。

待たなくて、すぐに乗れるのはいいですよね。

税金負担が少ない

新古車のメリットは、自動車税、重量税がいらないことです。

新車より安く購入でき、税金も抑えられるので、新古車は人気があります。

ヴォクシーハイブリッドの場合は、新車でも100%免税対象車になっています。

ヴォクシーハイブリッドを購入する場合は、税金負担面のメリットは少ないかも知れませんが、一般的には得になります。

新古車のデメリット

Voxyの値引き交渉2018

選択肢が少ない

新古車は、すでにある車両から選ばなくてはいけないことが、デメリットです。

新古車の中に、自分の好みのものがない場合は、購入することができないんです。

いくら納車が早くても、希望の車種がなければ、意味がありません。

このあたりは、運ですね。

運良く巡り合えるた場合は、かなり得ですね。

ローン

明確なデメリットではありませんが、ローンを組んで購入される方は一点注意が必要です。

ローンを組む会社によって異なりますが、新車と中古車では金利が1%程変わってくる事もあるようです。

新車で買ったほうが、金利が低くなるケースもあるということを知っておきたいところです。

購入費が安くても、ローンの支払い総額で考えるとメリットが少なくなったというケースもあります。

ローンを完済したときの総支払額まで、チェックしておけば安心です。

オプションパーツがあと付けできない

新車購入時に選択する純正オプションは、2つの種類があります。

1つ目は、工場出荷時に取り付けを行うメーカーオプションです。

もう1つが、ディラーに入荷した後に取り付けを行うディラーオプションです。

このうち、工場出荷時に付けるメーカーオプションは、新古車に付けることができないんです。

新古車は、工場出荷後の車両だから、当然といえば当然ですよね。

ヴォクシーハイブリッドの場合、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付) デュアル(両側)などがメーカーオプションです。

メーカーオプションにこだわりのある方は、好みの新古車が出てくる可能性は低くなってしまいます。

もしあったとしても、人気のメーカーオプション付きはそれだけ競争率が上がるということです。

買いの新古車条件

ヴォクシーの値引き価格2018

総額

当たり前ですが総額が、新車より安くないと意味がありません。

装備が同じ場合は、新車と新古車を比較して、トータル15万以上は、安く買いたいところです。

走行距離

もちろん少ない方がいいです。

50㎞以下が目安ですが、中には、走行距離が長いものもあります。

例えば、100kmを超えている新古車です。

走行距離が長い理由として、保管のための移動以外で使用されている可能性もあります。

できれば、避けたほうが賢明でしょう。

車検残

新古車は、登録されている車なので、車検の期限があります。

できれば、車検の残りは2年半以上残ったものを狙いたいところです。

登録年

登録年も注意したいポイントです。

その理由は、売却の時に、登録年が影響するからです。

例えば、2017年12月に登録したヴォクシーと、2018年1月に登録したヴォクシーでは、たった1か月しか変わりません。

しかし、売却の際は、この1ヵ月が大きく影響します。

実際は、1ヵ月なんですが、年式は、1年違ってきます。

それだけで、売却時に、10~20万ほど買い取り価格が変わる可能性が高いんです。

たった、1ヵ月だけの違いで、10~20万も変わるということを知っておいて損はないですよね。

新古車の探し方

ヴォクシーハイブリッドは、人気車種です。

ネットに掲載されているヴォクシーが、実は、完売しているといったケースも多々あります。

そうならないように、いち早く新古車を見つけるには、方法があります。

それは、プロに頼むという方法です。

なびくる+など、様々な業者があるようなので探してみるのも1つの方法です。

その際は中間マージンがかかるので、価格メリットを考えておく必要があります。

ヴォクシーハイブリッド新古車のまとめ

新型ヴォクシーの新古車には、メリットがたくさんありました。

特に、価格や納期でのメリットがありました。

しかし、好みの新古車が見つかるかどうかが運任せの部分もあります。

ヴォクシーハイブリッドの場合は、人気車種なので、新古車は結構出回っているようです。

うまく見つけることができれば、かなりメリットがあります。

新車を購入するときには、新古車がないか調べていくとお得に購入できるかもしれません。

ヴォクシーを検討されている方は、一度探してみるのもおすすめです。

<よく見られている記事はこちら>

ヴォクシー最新値引き額の限界は○○万円!2018年最新版。

ヴォクシーハイブリッドなら税金(自動車税・エコカー減税)がお得!

新型ヴォクシーの燃費の仕組み!タイプ別に徹底調査

新型ヴォクシーを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「ヴォクシーは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら