ヴォクシー煌3(Ⅲ)の違いとは!他のグレードや歴代煌と比較

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

新型ヴォクシー煌(きらめき)を検討している方は、新車で煌3を購入するか、中古車の煌2にするか、迷うこともありますよね。

そのときに、ポイントになるのが、車の仕様ではないでしょうか。

以前の煌2から、最新の煌3になった場合に、どんな点が違うのかを比較して選ぶ人も多いですよね。

変更点によっては、購入価格が安い中古車を選んだほうがいい場合もありますからね。

また、新車で購入をする場合には、特別仕様車の煌がいいのか、他のグレードがいいのかも迷うところです。

わざわざ特別仕様車の煌にしなくても、他のグレードでも十分という場合もあります。

そこで、新車で購入を検討している方が知りたい「他のグレードと特別仕様車の煌との違い」を比較しました。

併せて、新車か中古車かで迷っている方が知りたい「歴代の煌と新型ヴィクシー煌3(Ⅲ)の違い」についてまとめました。


<スポンサードリンク>

ヴォクシー煌と他グレード(ZS)の違い

ヴォクシー煌の特徴

ヴォクシー煌は、ヴォクシーZSをベースに装備を加えたの特別仕様車です。

特別仕様車にするメリットは、ヴォクシーZSに装備を1つずつ付けていくよりも、トータルの価格が安くなることです。

ヴォクシーにいろんな装備をつけたい方は、煌を選ぶほうが得なんです。

では、煌とZSにどんな違いがあるのかをもう少し詳しくまとめました。


<スポンサードリンク>

ヴォクシー煌3とZSの違いとは

エクステリア

ボクシー煌引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/

ヴォクシー煌3は、高級感を感じさせるメッキ塗装が所々に輝いています。

例えば、ドアハンドルやドアミラー、ネッツトヨタのエンブレブの下部にメッキ塗装が施されています。

ZSでもスポーティーなエアロ調で格好良いですが、煌を選べば、プラスして高級感も加えることができます。

更に、ヘッドライトに関しても煌は、メッキ塗装のアイライン・迫力アップしたLEDランプ・LEDクリアランスランプになっています。

これによって、ZSよりもその存在感を増しています。

インテリア

ヴォクシー煌きインテリア引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/

煌のコックピットは、マルチインフォメーションディスプレイ周りやドアハンドルにメッキ加飾が施されています。

更に、ガラスをスーパーUVカットグリーンガラスに変更しています。

変更したことより、紫外線を99%カットしてくれんです。

他にも、オーディオのスピーカーが、6スピーカーになっている点も嬉しいですね。

価格

ガソリン車の場合は、ヴォクシーZSが2,745,360円で、煌が2,839,320円です。

差額は、約10万円程度です。

単純に比較すると煌が高いということになります。

しかし、煌に装備されている特別装備の金額を考えると、とてもこの10万円で収まる金額ではありません。

例えば、ZSにリアエアコンのオプションを付けると+43,200円です。

更に、両側のドアをパワースライドドアにすると+61,560円かかります。

この2つの装備だけでも、10万円の差が埋まってしまいます。

煌には、他の装備も付いているので、価格差が10万円あったとしても煌を選ぶ方が得になるんです。

これは、ハイブリッドの場合でも同じことが言えます。

ヴォクシーハイブリッドZSが3,269,160円で、ハイブリッド煌が3,363,120円です。

ハイブリッドの場合でも、価格さは、10万円程度です。

しかし、オプションを考えるとガソリン車と同様に、煌を選ぶほうが得になるんです。


<スポンサードリンク>

ヴォクシー煌3と歴代煌の違いは?

ヴォクシー煌引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/

それでは、2017年11月24日に発売開始されたヴォクシー煌3と歴代の煌を比較していきます。

まず、煌3と煌2を比較します。

そして、煌2と初代煌についても比較していきます。

ヴォクシー煌3と煌2の違い

エクステリア

ボクシー煌3違い引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_grade_zs_kirameki_detail

フードモールの上をブラックに、中央と下部をメッキにした専用デザインに変更されています。

更に、LEDヘッドランプが、Bi-Beam LEDヘッドランプとなりました。

レンズカバーもブラックに変更になっています。

LEDクリアランスランプには、メッキエクステンションが施されています。

エクステリア

メッキインサイドドアハンドルをリアにも拡大させています。

センタークラスターパネルをピアノブラック塗装とシルバー塗装の組合せに、バージョンアップしています。

ボクシー煌比較引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_grade_zs_kirameki_detail

その他装備として、リアオートエアコンやLEDルームランプが追加されました。

ガラスに関しても多数の変更点があります。

スーパーUVカット機能付ガラスもスライドドアやリアクォーターガラスにも取り入れられて、フロントドアガラスにはIRカット機能が追加となりました。

これによって、室内の居住性がかなり高くなっています。

ボディーカラーのラインナップが増えました。従来の煌では、3色設定となっていました。

今回、「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」と「ボルドーマイカメタリック」の2色が追加させて計5色に増えています。

ヴォクシー煌2と煌の違い

新型の煌3が発売されるまでは、煌2が最新モデルでした。

煌2は、2016年7月にヴォクシー煌のバージョンアップ仕様として、販売開始になっています。

ハイブリッド仕様が追加されたのもこの煌2からです。

それでは、初代煌と煌2を比較していきます。

エクステリア

煌2のフロントグリルモールに、高輝度シルバーが採用されました。

これによって、元々施されているドアミラーやドアハンドルのメッキ塗装と相まって高級感が増しました。

さらに、ライトには、LEDフロントフォグランプを特別装備されています。

煌2は、LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプを加えたことによって、夜間の視界がアップしました。

もちろん、見た目でもクールさを増しました。

インテリア

煌2では、センタークラスターパネルとサイドレジスターベゼルに、ピアノブラックを採用しています。

ピアノブラックの落ち着いた感じは、大人な室内空間を演出してくれます。

ヴォクシー煌3の違いまとめ

ヴォクシー煌3の違いについて2つのパターンでまとめました。

1つは、最新ヴォクシー煌とZSを例に挙げて、他グレードとの違いを比較しました。

もう1つは、ヴォクシー煌3と歴代の煌についての違いを比較しました。

まず、最新のグレードで比較した場合は、特別装備を付けたい方には、煌3を選ぶ方が得でした。

ベースグレードのZSを購入して、自分好みでカスタムしていく方法も、楽しみ方の1つではあります。

しかし、コストと質のバランスを考えて購入するのであれば、特別仕様車を選択するという手段はおすすめです。

これは、ハイブリッドでもガソリン車でも共通しており、どちらの場合でも煌がおすすめです。

次に、歴代の煌と最新の煌3について比較をしました。

煌は、ヴァージョンアップされるたびに、インテリアもエクステリアも確実に進化しています。

初代煌よりも煌2が、そして、煌2よりも最新の煌3の方が、よくなっています。

煌にしようと思っている方は、やはり、最新の煌3を選ぶという選択が、おすすめです。

最新の煌3がいいのは、分かっているけど、予算の問題で煌2の中古車を選ぶか迷っている方も多いかと思います。

もし、現在、他の車に乗っていて、ヴォクシーに乗り換えを検討している方限定にはなりますが、お得な方法があります。

それが、一括査定です。

場合によっては、下取りに出すよりも50万円以上も高くなることもあります。

そうすれば、最新の煌3を購入しやすくなるのではないでしょうか。

<関連記事>

ヴォクシー煌の中古車相場!歴代煌やハイブリッドの現状とは?

ヴォクシー煌3ハイブリッドの中古車価格はどうなってる?

ヴォクシー新型煌のおすすめポイント!ライバル車と比較してみた

ヴォクシー煌3のおすすめ内装装備とカスタムパーツ決定版

ヴォクシー煌3の値引き価格!知っておきたい3つの交渉テクニック

新型ヴォクシーを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「ヴォクシーは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら